アーカイブ  |
豪雨による規制基準雨量を超えた場合の国道33号の通行規制および、河川の増水について
投稿日時: 2013年09月02日(7852 ヒット)

国道33号線では、豪雨によりそれぞれ定められた規制基準雨量(連続雨量)を超えた場合、通行止めの措置がとられます。区間と規制雨量は次の通りです。

○久万高原町中津から久万高原町柳井川 300mm
○久万高原町柳井川から久万高原町中黒岩 250mm
○松山市窪野町から砥部町大字千足 250mm
○高知県仁淀川町森山字オオヂミから久万高原町中津 250mm

※松山市窪野町から砥部町大字千足は、三坂峠のところです。

豪雨など異常気象時にお出かけのときは、ラジオの道路情報や道路情報板に表示される道路状況を確認しましょう。また、パソコンや携帯電話などで最新の情報を確認してください。

【愛媛県内の道路情報のお問い合わせ先】
国土交通省松山河川国道事務所 TEL 089-972-0034

【愛媛県内の国管理以外の国道および県道のお問い合わせ先】
愛媛県土木部道路維持課 TEL 089-912-2720

【久万高原町内の道路情報のお問い合わせ先】
久万高原町役場建設課 TEL 0892-21-1111(代表)
久万高原土木事務所 TEL 0892-21-1210


 豪雨により、久万高原町内の河川も増水したり氾濫したりする恐れがあります。また、ダムを有しているため、放流が行われた際にも河川の急な増水があります。四国電力のダム放流放送などにも耳を傾け、雨が降っているときは河川に近づかないでください。