ホーム >  観光マップ >  自然景勝地 >  国指定特別天然記念物 八釜の甌穴群
国指定特別天然記念物 八釜の甌穴群 [地図表示]
投稿日時2012/9/4 14:03  [ 9909hit ]
八釜の甌穴とは、柳谷渓谷を流れる黒川の土砂や小石が、川岸をえぐってできた釜の底のような穴のことです。深い緑色の川床に見られる大小様々な釜状の甌穴。形によりトンネル釜、獅子釜、メガネ釜など、それぞれに名前が付けられています。水量が多いときの八釜は圧巻で、水の轟音と勢いに圧倒されます。不思議な形状の甌穴は一つとして同じものはなく、自然の神秘と力強さを感じることができます。夏になると清涼感たっぷりのオアシスとして親しまれ、秋には紅葉も楽しむことができます。
 八釜には竜神がすむとされ、雨乞いの際に参拝し、それでも雨が降らない時は、竜神が嫌う金物を淵の中に入れ、怒らせて雨を降らせたという言い伝えがあります。

【八釜の甌穴郡への遊歩道について】
遊歩道は、水や落ち葉で滑りやすい場所が多くあります。急坂のため、歩行には十分な注意をお願いします。
 また、入り口にある看板にも書いてありますが、行きは約20分、帰りは約30分ほどかかります。※個人差があります。
かなりの急坂になっているため、無理をせず、足元に注意をして時間に余裕をもってゆっくり歩きましょう。

釜状の甌穴
釜状の甌穴
地図  [KML] [地図表示]
住所愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 13  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 13    
GNavi   (based on MyAlbum-P)