前月 昨日 2017年 7月 17日(月) 明日 翌月
年間表示 月表示 週表示 予定一覧表示
 (開催中)
H29久万美コレクション展I「熱い抽象-1950-60年代」のお知らせです。
今年の秋に開催する自主企画展「Crossover-秩序と混沌(称)」
では現代作家の作品を展示します。そこで、今回のコレクション展では現代美術に注目しました―なかでも、1950年から60年代にかけて、日本美術を席捲したアンフォルメル(非定型芸術)旋風の感化を受けたであろう作家の作品を中心に展示します。

アンフォルメルとは、1951年にフランス人美術評論家のミシェル・タピエが提唱した芸術論で、写実的、造形的な表現に頼らず、絵具の物質感を高めるよう、滴りや盛り上がりを積み上げるような表現方法を試みた抽象表現です。

アメリカのアクション・ペインティングと呼応し、1950年代世界各国の作家が熱い抽象絵画を描き留めましたが、日本も例外ではなく、1950年代半ば頃から欧米のアンフォルメル作品を中心にした展覧会の開催や、タピエの来日もあって、多くの日本人作家がアンフォルメル様式を受容しました。また、アンフォルメル様式は、洋画はもちろん、日本画や彫刻、書道、陶芸などの分野においても流行しました。

そこで本展では、「熱い抽象-1950-60年代」と題し、1950年代から60年代の絵画と彫刻を中心に展示を行います。

●会  期 8月31日(木)まで
●開館時間 9:30から17:00(入館は16:30まで)
●休 館 日 月曜日・祝日の翌日
●出品作品 日本書画、日本近現代洋画(油彩・水彩含む)、
陶磁器、計約40点

美術館のブログ
http://blog.goo.ne.jp/kuma-museum

 
 (開催中)
四季の襖絵展開催中
久万高原が誇る日本画家 伊東正次の数ある襖絵作品の中から代表的な「滝桜図」「岩上独猿図」「洞杉図」を展示。

日本古来のキャンバスに描かれた壮大な自然の息吹を感じる空間を、この機会にぜひご堪能ください。

場  所 久万高原ふるさと旅行村「久万高原FURUSATOミュージアム」
開園時間 9時から17時(最終入園16時30分)
入館料  一般300円 大学生以下無料
定休日  月曜日(祝日の場合は翌火曜日)・8月は無休
その他  ふるさと旅行村では、宿泊、食事、BBQを楽しめたりニジマス釣り、ピザ焼き、手打ちうどん体験などもできます。
近くには、天体観測館がありますので、プラネタリウムや星空が楽しめ、のんびりと滞在することができます。

[問] 0892-41-0711
http://www.jpttours.jp

 

 
 (開催中)
久万高原ぐるっと3駅めぐり2017のご案内!
久万高原町内の3駅をめぐって、各駅オリジナル木製メダル(各100円)をゲットしよう!

期   間:7月1日(土)から11月23日(木)

販売場所:道の駅天空の郷さんさん・道の駅みかわ・おもごふるさとの駅・最後に石鎚神社(土小屋遙拝殿)の御朱印と完走日記入

参加方法:1…3駅で石鎚山をかたどった台紙(檜板400円)を購入      
       2…3駅をめぐり各駅オリジナル木製メダル(100 円)を購入      
       3…3駅のメダルをすべて集めたら石鎚スカイライン終点の石鎚神社土小屋遙拝殿にお参りし、台紙に御朱印と完走日を記入してもらう。

お楽しみ:完走者の中から抽選で129名様に町の特産品などをプレゼント。(当選者様には12月中旬ころ商品を発送いたします)

 

  年       <今日>
piCal-0.8 印刷